漢方食材「冬虫夏草」の知られざる背景|媚薬toラブセックス

ペニス増大

【驚愕】増大サプリの99%がインチキ商品!是非、1%の本物を知って下さい!

これまでに約100種類以上の増大サプリを使用した増大マスターが語る、「本当に効果のある1%の本物の増大サプリ」を期間限定にて大公開しています。本物を知った貴方は、必ず巨根を手に入れる!こちらで本物の増大サプリを極秘公開中!

漢方食材「冬虫夏草」の知られざる背景

0042-4

「冬虫夏草」をご存知ですか?漢方系に触れたことがある方は、一度は目にしたことがあるかもしれませんね。
冬虫夏草とは、チベット高原やヒマラヤ地方に生息するコウモリガという蛾の幼虫に寄生する菌類で、漢方・生薬として大変な価値があり、強壮効果や抗がん効果などがあるとされていることから「天然のバイアグラ」「ヒマラヤのバイアグラ」とも呼ばれるそうです。

今回は、そんな冬虫夏草の知られざる背景についてご紹介致します。

しわだらけの黄色い芋虫の端に小枝が付いたような外見の冬虫夏草は、その信奉者にとっては「命の薬」。がんの治療薬や、「ヒマラヤのバイアグラ」とも呼ばれる媚薬の原料とされている。そして、地面に手とひざをつけてこれを集める人々にとっては、死を意味することさえある。

0042-2

採集人の間で冬虫夏草採集をめぐる対立が起こり、2人が死亡した。外国の人権団体がインターネット上に発表した写真には、山刀で武装した少なくとも1人の村人と、大勢の機動隊が写っている。

冬虫夏草は中国伝統薬の中でも特に効能のある薬とされ、重量当たりの価値は黄金にほぼ匹敵する。

「以前は需要がなかったが、皆が価値に気付いてから隣近所で争いが絶えない」。中国北西部・青海(Qinghai)省の奥深くにある町、同仁(Tongren)で、500グラムばかりの冬虫夏草を店に売ったザンデ・ゴンバさんは語った。

冬虫夏草を採集するのは主に貧しい農民たちだ。時に氷点下に達する極寒の中、世界で最も起伏の激しい部類の草原をくまなく這いつくばるようにして冬虫夏草を探す。この大変な作業を行うのはたいてい極貧の家庭の少年たちで、1個につき200~300円を稼げる。

消費者である中国の富裕層の手に届くころには値段はずっと上がり、裕福な晩さん会を飾る高級食材として、栄養価だけではなく、宴の主催者の社会的ステータスを高めるものでもある。主にスープで食されるが、野鳥などの詰め物料理にされることもある。

数多くの中国人は、医薬効果や媚薬効果を期待して食べる。同仁最大の取引高を誇る店「レブコン文化」を経営するヤン・メンシャンさんは「冬虫夏草を500グラムほど食べて、ほぼ完治した胃がんや乳がんの患者がいる。生殖能力に問題のあった男性たちは、冬虫夏草と一緒に鶏を煮たスープを週1回飲んで精がつき、性生活は豊かになり、子作りも問題なくなった」と語った。
引用元:http://www.afpbb.com/articles/-/3001511

おわりに

いかがでしたか?とても神秘的な食材ですが、背景を知るとより一層魅力を感じてしまいました。
ちなみに冬虫夏草というネーミングなんですが、冬に幼虫に寄生し、夏になると草となって発芽する、そのままの意味があるようです。

中国の貧困層の方々が必死に命を掛けて採集された貴重な食材、冬虫夏草を使ったものだと「超金龍」という漢方精力剤があり、とても人気を博しています。時折品切れにもなるほど。あなたも冬虫夏草の効力を体験されてみてはいかがですか?

超金龍